させぼナビ 佐世保観光部

佐世保市の観光名所を紹介していく旅ブログです 店舗紹介、イベント告知、PCソフト作成、​Androidアプリ作成をしています。 お仕事の依頼大歓迎です。

63


キスマイトレインに乗ってきました!


3月下旬まで、JR九州がKis-My-Ft2とコラボしています。
P1080493
キスマイのラッピングがされた列車が走っている。
各メンバーが紹介してくれた地区の情報も一緒に紹介したいと思います。


今回乗ったのは、キスマイライナー。
P1080478
長崎~佐世保を走る列車で、手軽に乗るならコレがオススメ。
博多~長崎を走る”特急かもめ”のキスマイエクスプレス、キスマイエクスプレス2もあります。


全面にラッピングしてある、特別列車。
P1080479
メンバーの様々な表情がズラリと並ぶ。
運行状況は、JR九州のHPをチェック。(HP←リンクにになっています


ミラーに写る、列車の顔。
P1080504
長崎県の鉄道風景と、キスマイ列車。
堪能中です。


電車の側面。
P1080475
こんな感じで、車両の先頭から後ろまでラッピングされています。


玉森くん、爽やかスマイル。
P1080482
玉森くんは、千綿駅を紹介されていました。
近くには、「ソリッソリッソ」もある千綿駅。←リンクになっています


藤ヶ谷くん、ウィンクです。
P1080485
藤ヶ谷くんの担当は軍艦島。
軍艦島の人気は凄まじく、いくつかの映画のロケ地にもなっている程。


北山くん、佐世保に来てくれた北山くんです。
P1080487
九十九島パールシーリゾートでヨットセーリングをされていました。
以前紹介しましたが、佐世保のオススメスポット。(記事はココ←リンクになっています


二階堂くんの驚き顔。
P1080488
二階堂くんは、外海で教会巡り。
外海といえば、映画”沈黙”でも注目の「夕陽が丘そとめ」もオススメ。←リンクになっています


宮田くん、100店満点のTHE・笑顔。
P1080489
宮田くんは、雲仙市の小浜町で温泉。
自分も、小浜には無料の足湯を体験しに行ったことがあり、なかなかオススメ。


っと、表情はまだまだある。
P1080490
実際に見て頂きたいので全部は紹介しませんが、どれもこれも素敵な表情。
そういば、横尾くんが担当した「西の原」はオススメです。←リンクになっています


千賀くんのキメ顔。
P1080491
千賀くんは長崎市。
今、長崎市は「ランタンフェスティバル」の真っ最中。←リンクになっています


本当、メンバーの素敵な表情の数々。
P1080498
ファンにはたまらないと思います。
実際、写真を撮っているお客さんがたくさん。


車内も、キスマイがいっぱい。
P1080502
こんな広告が至る所に貼ってある。


吊り下げ広告もキスマイ。
P1080473
自撮り棒を使いながら、停車した車内を歩き回って撮影している方も多数。
列車を満喫されていました。


気軽に乗れ、停車時間も長いキスマイライナー。
確実に楽しめるオススメの列車です。

博多に用事があるのであれば、新しいキスマイエクスプレス、キスマイエクスプレス2は必見。
新しいだけあってキレイですし、ラッピングの規模は上です。

乗って楽しい、見て楽しい、素敵な列車でした。
JR九州の乗り方についも紹介していますので、そちらも是非。(JR九州の乗り方←リンクになっています


宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
最新情報を配信中です。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
↑リンクになっています

63


HPの特集「佐世保の歩き方」を大幅リニューアル致しました。

ディープ佐世保を満喫出来る内容に濃くパワーアップ。

佐世保の観光のお役に立てれば幸いです。

HPはコチラ
↑リンクになっています


宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
最新情報を配信中です。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
↑リンクになっています

63


佐世保玉屋にある「屋上遊園地」に行ってきました。


佐世保といえば佐世保玉屋。
佐世保玉屋といえば、1階で売っている激ウマのサンドイッチ。
そして、今となっては珍しい「屋上遊園地」があります。


佐世保玉屋は日本一のアーケード「四ヶ町、三ヶ町」の中にあります。←リンクになっています
P1070881
専用駐車場はありませんが、提携駐車場はあり。
土日祝は買物金額に応じて駐車料金が無料となります。
詳しくは佐世保玉屋のHPを参照。


入り口にはフロア案内。
写真 2016-03-12 16 00 41
屋上については書かれていない。
もしや、無くなってしまったのでしょうか。


玉屋内は、洋服、キッチン用品など、色々なお店が集まっています。
P1070913
バーゲンもよくしているので、イベントは要チェック。
1階で販売中の「ラビアンローズ」のサンドイッチも激推し。←リンクになっています


エスカレーターで、上に登る。
P1070883
キッズランド、小さい頃は夢の場所でした。
来るのが楽しみで仕方なかった思い出があります。


6階まで行くと、エレベーターが止まっていたので階段で8階へ。
P1070884
階段はそんなにキツくないので、すぐに屋上へ行けるはず。


なるほど、7階の催事場はちょうど準備中だったのですね。
P1070885
7階が開いている場合は、7階まではエスカレーターで行けます。


階段の中間にフロア案内。
写真 2016-03-12 16 10 16
屋上ありました!
あとは、遊園地がまだあるのかどうか。


ちゃんとエレベーターも。
写真 2016-03-12 16 18 09
出来れば、エスカレーターで各フロアを覗きながら上に来るのをオススメします。
しかし、キツイ方はエレベーターを積極的に利用しましょう。


ありました!あだありました!
P1070886
プレイランドという名前なのですね。


中には椅子やテーブルあり。
P1070912
自動販売機もあるんですね。
これならゆっくり出来そう。


広がる懐かしい雰囲気。
P1070891
それぞれの遊具が現役で動いている。


卓球台もあり、その隣には休憩スペースも。
P1070895
卓球は30分200円。
人気なようで、学生が順番を待ちながら楽しくやっていました。


小さな機関車。
P1070900
この古さ、この小さな規模、これぞ屋上遊園地。
昔は広く感じたこの場所も、大人になってから行くとこんなに小さかったのだと実感。


その上には、屋上を回るモノレール。
P1070901
「空とぶかいぞくせん」という名前。
ここの遊具の中では一番規模が大きい。


かいぞく船は、屋上遊園地の上を一周出来る。
P1070910
屋上遊園地を更に上から見た様子。
かいぞく船のレールが一周しているのが分かる。


その周りには昔懐かしい遊具の数々。
P1070896
今でも残っているんですね。
色褪せ具合いからも時間の経過を感じます。


料金は100円。
写真 2016-03-12 16 12 27
もう、いつまで乗れるか分からない機械。
今のうちに乗っておいた方がいいのかもと思えてきます。


どれもこれも味がある。
P1070911
本当、小さい頃は楽しみで仕方なかった場所。


屋上といえば、これ!このパンダ!
写真 2016-03-12 16 15 57
リスもいました。
知る人ぞ知る、稲中卓球部のラブコメ死ね死ね団を思い出します。


料金は同じく100円。
写真 2016-03-12 16 15 40
バックボタンもあるんですね。
これはここに来たら是非乗って欲しい。


パンダの他、ワンちゃんも。
P1070892
の・・・乗りたい・・・・。


屋上からの眺め。
P1070903
佐世保の中心部だけあって、ビルが並んでいる。
古いビルが、なかなか良い味を出している風景。


屋上遊園地の先には、屋上広場がありました。
P1070909
ここは、夏になるとビアガーデンになる場所。


なかなかインパクトのある眺め。
P1070906
玉屋の屋上にキター!っという感じがする。
この風景もオススメ。


本当、大型ショッピングセンターが増えた今、百貨店の存在は貴重になりました。
屋上遊園地が存在する場所が少なくなりましたので、屋上遊園地の存在を知らない人たちもいそう。
佐世保に来たら、是非寄ってみて頂きたい場所のひとつです。
そして、玉屋のサンドイッチは必食。


住所:長崎県佐世保市栄町2-1
地図
営業時間:10時~18時30分
定休日:無し
電話番号:0956-23-8181


宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
最新情報を配信中です。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
↑リンクになっています

63


佐世保市針尾北町の平和公園「浦頭引揚記念平和公園」に行ってきました。


平和公園というと長崎市が有名ですが、佐世保にも平和公園があります。
種類は違えど、平和を願っている場所。
知らない人も多いと思いますので、ご紹介したいと思います。


佐世保市中心部から、「西海橋」へ向かう途中にある。←リンクになっています
P1070634
ここは、太平洋戦争終結に伴って、海外から629万人の日本人が引揚げた場所の一つ。
浦頭には、非常に過酷な状況の中で139万人が上陸。
詳しい場所は、ページ最下部の地図を参照。


公園に着くと、広い駐車場がある。
P1070636
これだけ広ければ、車が混むことも無さそう。
公園なので、入園無料、駐車場無料です。


案内板。
P1070638
地図にもありますが、引揚者はここから現在のハウステンボスの場所まで歩いて移動しました。
約7キロの山道だそうです。


看板横。
P1070637
どうやら、引揚の揚陸地が下の方にあるらしい。


揚陸地は、この波止場っぽい。
P1070639
1945年の話なので、2017年現在だと72年前。
意外と、そんな昔ではないことに驚きます。


歌唱碑もある。
P1070641
当時・・・壮絶だったんでしょうね・・・。


平和公園の女神像へと向かいます。
P1070642
道の脇には、ベンチがいくつも並んでいる。
すごく見晴らしも良いですし、静かな場所なので、ゆっくりと座っても良いかも。


割りとすぐに女神像を発見。
P1070646
壱岐出身の彫刻家の方の作品だそうです。
平和を願って設置された像になります。


存在感のある、キレイな女神像。
P1070649
下にも人の像があり、平和の象徴という想いが伝わる像。


女神像の裏は、ちょっとした広場になっています。
P1070651
本当に静かで、ここはかなり落ち着ける場所。
空気も良いので、フラッと来てみても良いと思います。


ベンチとテーブルもある。
P1070652
なかなか充実している公園です。


女神像の裏から見た空が非常にキレイだったので、写真をパシャリ。
P1070654
空が広い、青い。
静けさ、空気の良さもあって清々しい。


女神像を去り、次は資料館へ。
P1070640
当時の悲惨な引揚げ体験を後世に伝え、平和を願う場所として建てられた資料館。
全国からの寄付金をもとに建てられた大切な資料館。


入館料は無料。
P1070661
年末年始の休館日は要注意。


受付で名前を書いて中に入る。
P1070656
当時の写真、用品、そしてジオラマがある。
当時の様子が見て分かるようになっています。


引揚げの様子、この人数が船にギッチギチに乗っていたんですね・・・。
P1070657
栄養失調、下痢、皮膚病など、船内で病に倒れた人もいたそうです。
後世に伝えなきゃと資料館が出来る程の悲惨さと思うと・・・怖いです。


そんなギッチギチの長い船旅のあと、現在のハウステンボスの場所まで徒歩・・・。
P1070658
今まで「引揚げ」について考えたことがありませんでした。
っが、これは伝えなきゃいけない出来事だと思います。


「戦争の悲惨さ」と簡単に言葉に出来ますが、内容は壮絶だなと思います。
例え過去の出来事に興味が無くても、こういう場所には足を運んでいく価値がある。
多くの人が平和を願って作った場所ですので、それを実感しに行って欲しいです。
佐世保市の平和公園も、是非覚えていて欲しいなと思います。


住所:長崎県佐世保市針尾北町824
電話番号:0956-58-2561
営業時間:9時~18時
休館日:年末年始
地図



宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
最新情報を配信中です。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
↑リンクになっています

63

- アプリ -


させぼナビのAndroidアプリが出来ました

長崎県佐世保市の飲食店を探せます

63
 
地図で表示している範囲から

-現在地周辺
-店種別(飲食店、カフェ、ダイニング、居酒屋)
-駐車場あり/なし
-来店時間
-来店曜日
-子供用サービス

などなど、複数の条件を指定可能 

P1070575


この時間にご飯が食べれるお店は・・・

子供が一緒でも大丈夫なお店は・・・

スイーツが食べたい・・・

今いる場所から一番近い飲食店は・・・・


などなど、要望に沿ったお店を見つけましょう!


Screenshot_2017-01-01-22-03-37


お店は、検索結果一覧、個別の詳細表示に対応

行きたいお店に素早くアクセス


Screenshot_2017-01-01-22-04-23


GoogleMapとの連動により、ナビ機能が使えます

迷うこと無く、目的地に到着

知らない土地でも楽々


素敵な佐世保ライフの助けになれば幸いです


63

63


佐世保が舞台のアニメ「ブレイブウィッチーズ」の聖地巡礼をしてきました。


佐世保では有名な場所が舞台ですので、時間さえあれば回れるはず。
範囲が広いので、車での移動となると思います。


まずは、第1話の冒頭のこの場所。
WS000009
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


以前、ブログで紹介した「展海峰」からの眺め。←リンクになっています
450b20b5
駐車場もありますし、ブログの最下部に地図リンクを載せているので簡単に行けるはず。
九十九島を眺められる展望台は他にもありますが、この眺めは展海峰だけ。


次に、主人公の雁淵ひかりの姉”雁淵孝美”が帰ってくるシーン。
WS000021
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


これも、ブログで以前紹介した「弓張岳展望台」からの眺め。←リンクになっています
31b650c1
こちらも駐車場があり、キレイに整備されている有名な展望台。
ブログに地図を載せているので、車で行くと良いと思います。


次に、”雁淵ひかり”のお父さんの職場がある場所。
WS000011
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


これは、言わずとしれた国指定重要文化財「針尾送信所」。←リンクになっています
P1070403
針尾送信所は、見学も可能です。
圧巻の巨大さ、是非近くで体験してみて欲しいです。


そして、派遣選抜試験中の事故シーン。
WS000016
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


この小さな塔っぽい。
P1070402
先程の針尾送信所の眺め、この小さな塔の眺めは同じ場所から見られる。


それが、佐世保市針尾東町「新西海橋」にあるこの展望台。←リンクになっています
P1070400
西海橋」の記事と合わせて見て頂けると分かりやすいかも。
ここから、同時に2つを眺めることが出来ます。


ここに来られたのであれば、”雁淵ひかり”のお父さんの職場までが近い。
P_20160707_121911
先程紹介した「針尾送信所」の見学場所にお父さんの職場があります。←リンクになっています
見学の手順なども載せているので、戸惑うことは無いはず。


日本遺産に決定した、大変貴重な場所。
20160707_123539250
軍港佐世保を代表する一つです。


っで、その針尾送信所の電信室が”雁淵ひかり”のお父さんの職場。
WS000012
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


それが、ここ。
P_20160707_123350
中には入れませんが、外からは自由に見学が出来ます。
もちろん、見学は無料。


すっごく雰囲気のある建物。
P_20160707_123227
3本の塔が倒れても、この電信室は無事なように配置されたらしいです。
係員さんに説明をお願いすると、なかなか面白いお話が聞けます。


最後に、”雁淵ひかり”が海渡りをするシーン。
WS000014
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


海に面した神社で、佐世保で該当する場所は恐らくこの場所だけ。
P1070392
地図的に、場所はココ←地図リンクになっています
西海橋コラソンホテルの前を通り過ぎて、真っ直ぐに行くと着きます。


海沿い、海を挟んで防波堤向かい側、石垣の上にある神社。
WS000015
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


防波堤の反対側、神社のある岸に行ってみる。
P1070396
恐らく、ここっぽい。
針尾送信所からも近いですし、舞台となっていてもおかしくない。


ジャンプのシーン。
WS000018
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


神社から防波堤を眺めてみる。
P1070393
何となくそれっぽい。


その神社の名前は「七郎神社」。
P1070398
釣りをする人たちでも賑わう場所。
車を停める場所もありますが、迷惑にならないように停めましょう。


念のため、もう1枚。
WS000019
©2016 島田フミカネ・KADOKAWA/第502統合戦闘航空団


石垣で一段上がった場所にある神社。
P1070395
恵比寿神社」の方かとも思いましたが、七郎神社の方がそれっぽいです。


【追記】
Twitterで教えて頂いたのですが、海渡りの突堤自体は佐世保の小庵浦である可能性が高いです。
近々、そちらにも行ってみようと思います。

今のところ、自分が回れている場所は以上。
その他のシーンも、何となくココかな~という場所はありますが、紹介出来る確実なのはこれぐらいかなと。
車があれば周りやすい場所ばかりなので、時間があれば是非。

佐世保にお寄りの際は、
させぼナビ
で飲食店の検索が出来ますので、お食事の参考にされて下さい。

その他の聖地巡礼記事はコチラ←リンクになっています

素敵な佐世保観光のお助けになれれば幸いです。


宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
↑リンクになっています

63


西海国立公園九十九島動植物園「森きらら」に行って来ました。


前回は夏に行きましたが、今回は冬。
夏と違った動物たちが見れるかなとワクワク。


森きららの詳細は、以前の記事を参照。(ココ←リンクになっています
P1070056
駐車場は無料ですし、年パスが大人2060円と激安。
年に3回以上来るのであれば、年パスはスゴくオススメ。


早速、キリン。
P1070060
キリンは夏も冬もあまり行動は変わって無い。
何となく寒さに弱いイメージがあったので意外。


カモ。
P1070061
寝てる。
気持ちよさそうに寝ている。


ペンギン。
P1070069
元気に泳ぎ回っています。
ペンギンは真下から、真横から、どちらからも見学出来るのでオススメ。


ビーバー、鉄柱にずっと抱きついている、可愛い。
P1070095
ビーバー、スゴく可愛い。
ここのビーバーは人懐っこくて、近寄ってくれたり、自分をアピールしたりします。


気になるのか、目の前まで来てジッと見つめて来る。
P1070194
か、可愛い・・・・。


ジッとしている。
P1070100
こちらは普段からジッとしているので冬とか関係無さそう。


シカ、こちらも元気いっぱい。
P1070102
目を合わせると、キューっという鳴き声を出してくれる。
初めてシカの鳴き声を聞きました。


ラクダ、ヨダレすっごい。
P1070104
ラクダも冬に弱いイメージがありましたが、毛がフサフサで元気そう。
ひたすら歩き回っていました。


シマウマも至って普通。
P1070107
しかし、シマウマの模様はジッと見ていると目が回りそうになる。
キレイな模様。


テナガザルは、赤ちゃんがいました!
P1070109
大人のマネをして、柵を渡る練習をしています。
途中で動けなくなって、親に助けを呼ぶ姿も可愛かったです。


キツネザル!!すごく近い!!
P1070119
初めて、柵の中に入りました。
こんな近い場所から見れるなんて感動。


激近っ。
P1070122
冬の名物、太陽の光をお腹に当てる姿は見れませんでしたが、これは満足です。


アライグマ。
P1070131
エサをあげないと、まあこのダラけっぷり。
エサを貰おうとする姿も可愛いですが、こののんびりとした姿も良い。


ヤギ。
P1070132
ヤギも夏と変わらず。
もう、元気いっぱいにエサを貰おうと必死。


土鍋に入ったミーアキャットが可愛い!
P1070141
土鍋の上から温かい光が出ているので、土鍋に入るようになっている。
その姿がめちゃカワッ。


土鍋の中で、身体を温めるミーアキャット。
P1070139
これは冬ならではな姿。


プレーリードッグも集団になって寒さに耐えている。
P1070149
集団でモゾモゾしている姿が可愛い。
ずっと見ていられる。


たまにフラフラ動いている子にカメラを向けると、この表情。
P1070156
可愛い・・・可愛い過ぎる・・・。


クマ。
P1070152
そういえば、動物園のクマは冬眠しないですね。
不思議。


猿、お尻が真っ赤。
P1070163
ちょうど冬は発情期のようです。


見たかったツシマヤマネコ。
P1070167
いない!っと思いきや、一番奥の方で寝ていました。
思ったよりも顔が大きい。


ライオン。
BlogPaint
ライオン、吠えていました。
声が遠くまで響いて大迫力。


またまた猿。
P1070181
寒いんでしょうね、抱き合って暖を取っています。
感動の再会のようにギュッと強く抱き合っている。


冬の森きらら、すごく面白いです。

鉄柱に抱きつくビーバー
ヨダレがスゴいラクダ
土鍋に入るミーアキャット
抱き合う猿

何とも見応えがある姿たち。
森きららはオススメです。


住所:長崎県佐世保市船越町2172
HP
電話番号:0956-28-0011
営業時間:9時~17時15分
定休日:年末年始
地図


宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
↑リンクになっています

63


松浦鉄道の乗り方をご紹介。


他県の方など、JRしか乗ったことが無いという人、きっと松浦鉄道を初めて見ると戸惑うはず。
今回、そんな松浦鉄道の”ちょっとしたお作法”をご紹介。

佐世保など、県北地区に来る旅行者の方々の参考になればと思います。


これが松浦鉄道の駅、圧倒的なビジュアル、無人駅です。
P1060827
改札なんてありません、Suicaなども使えません。
電車内で運賃を支払うので、乗車前に買う切符もありません。
JRしか見たことが人は驚くはず。


時間が来るまで、この無人駅で電車が来るのを待ちます。
P1060829
都会のように、何番ホームとかがある訳でも無い。
1つの線路を使って、佐世保方面、伊万里方面を行き来しています。


運賃と時刻は駅の壁に掲示してある。
P1060828
電車は通勤、通学の時間帯以外は1時間に2本程度。
佐世保方面を「下り」、伊万里方面を「上り」と言います。
時刻表や運賃は松浦鉄道のHPにもある。(HP←リンクになっています


乗車前に切符を買わないと言いましたが、例外的に切符を買える駅もある。
P1060844
佐世保駅や、いくつかの有人駅では事前に切符を購入出来ます。
両替など、小銭を用意するのに不便な時は便利です。


電車を待つ。
P1060830
そういえば、松浦鉄道の乗車賃は結構高い。
なので、遠くまで行く旅行者の方は「1日乗車券」がオススメ。
1日乗り放題で大人2000円、子供1000円。(有人駅で購入可能←リンクになっています


松浦鉄道の車両はこんな感じ。
P1060843
電車は後ろのドアから乗ります。
降りる時は前のドアから。


中はこんな感じ。
P1060841
優先席もありますので、それぞれ配慮して座りましょう。


後ろのドアから入り、まずは整理券を取ります。
P1060836
整理券は写真のボックスから出ています。
ボックスの上にあるのは長崎スマートカードのリーダー。
長崎スマートカードは長崎県限定のSuicaのようなICカードです。(長崎スマートカード


運賃は、車両の先頭にある掲示板が光って教えてくれる。
P1060831
書いてある番号は整理券の番号です。
お手持ちの整理券の番号のある欄を確認してください。
小学生までは子供料金で、大人料金の半額、1円の位は四捨五入して計算です。
小学生以下の場合、大人1名に対して2名までが無賃扱い。


降りる際ですが、車両の先頭にこのような運賃箱があります。
P1060834
ここに整理券と、運賃か切符を入れて降ります。
長崎スマートカードの場合も、この運賃箱のリーダーにタッチしてから降ります。
運賃箱は両替機にもなっているので、両替が必要な場合は適当な場所で両替をしましょう。


ここまで分かれば、あとはのんびりと鉄道の旅を楽しんで下さい。
P1060837
のんびりと走る列車、松浦鉄道からの景色は面白いです。


そういえば、旅行者の方に朗報。
P1060853
佐世保駅の出口に、このような一画があります。
ここには、佐世保観光のお得な情報がいっぱい。


ホテルの割引券も。
P1060854
30%オフになる割引券があったりします。
ちょっと寄ってみると良いかもしれません。


これで、他県から来られた方でも戸惑うことはほとんど無いかと思います。
素敵な県北の旅を満喫されてください。


宜しければ、Twitter、飲食部の方も御覧ください。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
↑リンクになっています