63


福岡、長崎・佐世保間を移動するという人は多いかと思います。


福岡から長崎・佐世保に来た際に戸惑わないよう、ざっと要点をまとめました。
長崎県から福岡県へ移動する際の参考にもどうぞ。


福岡から長崎県へ来る場合、多くの人が長崎駅を目指すかと思います。
これが長崎市にある長崎駅のホーム。
BlogPaint
博多駅とは違い、ホームの数も少ないシンプルな駅です。
何番ホームに向かへばいいのかは迷うことは無いはず。
佐世保駅も同様。


長崎駅の場合、切符はこの「自動きっぷうりば」で買えます。
福岡から乗車の場合、往復切符を購入していない人はここで帰りの切符を買います。
IMG_0638
改札口の手前にあり、SuicaなどのICカード購入やチャージも可能。
2枚切符、4枚切符も購入出来ます。
操作は簡単ですので、機械の案内通りに購入を進めましょう。


自動きっぷうりばの他、みどりの窓口でも切符は購入可能。
IMG_0639
対人の方が良いという場合は、こちらで購入してもいいと思います。
切符について不安点、不明点がある場合も、悩まずこちらを利用しましょう。


佐世保駅の自動切符売場はこちら。
BlogPaint
2枚切符、4枚切符の購入も可能。
注意点は、SuicaなどのICカード購入やチャージは不可。
切符購入は現金のみで、ICカードを利用しての購入も出来ません。


佐世保駅はICカードでの乗車、降車は不可。
BlogPaint
ですので、博多から乗車して佐世保へ向かう場合は切符を購入します。
知らずにICカードで来た場合、改札口横の窓口で現金精算すればOK。


列車に乗ると、中はこんな感じ。(これはツバメの車内)
IMG_0589
2時間程度の長旅になるので、指定席がゆっくり出来ると思います。
トイレもあり、トイレの場所は正面の電光掲示板に案内が表示される。


列車が発車すると、車掌さんが切符の確認に回ってきます。
IMG_0586
約2時間の旅なので、寝て過ごしたい方もいらっしゃるかと思います。
その場合、正面のシートの頭部分にあるポケットに切符を入れておきます。
ポケットに切符を入れておくと、そこの切符を車掌さんが確認してくれる。


そして、シートの肘掛けに秘密あり。
IMG_0588
肘掛け横にあるボタン、これを押すとシートを倒すことが出来る。
そして、肘掛けは開けられるようになっていて・・・・


肘掛けの中からテーブルが登場。
IMG_0587
駅で購入した軽食、飲料水などを置くと便利。
あとは、目的地に着くのを待つだけ。


福岡から長崎市・佐世保市へ来る方には注意点がまだある。
バスはどちらの地域もSuica系のICカードは利用不可。
代わりに長崎スマートカードというICカードがありますが、Suicaとの互換性は無し。
長期滞在でない限り、わざわざ購入するメリットはありません。

長崎県に地下鉄はありません。
その代わり、長崎市だと路面電車を利用すると便利。(料金は1回乗車で一律120円)
佐世保だと、バスと松浦鉄道がある。(松浦鉄道の乗り方はコチラ


逆に、長崎県から福岡に行く人、バスや地下鉄でSuicaなどのICカードが使用可能。
互換性のあるSUGOCAを持って行くと非常に便利です。


こんなところでしょうか。
福岡県と長崎県が近くなるキッカケになると嬉しいです。


宜しければ、Twitter、姉妹ブログの方も御覧ください。
最新情報を配信中です。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
ながナビ
「させぼナビ」アプリ iOS版は
コチラ
「させぼナビ」アプリ Android版はコチラ 
↑リンクになっています