63


佐世保市の九十九島の中で最大の島「黒島」へ行ってきました!


世界遺産候補の教会がある島です。
フェリーは格安で短時間で行けますし、今は佐世保の超注目スポット!

前回も紹介しましたので、今回は2回目。
写真をキレイに撮り直してきました。
前回記事←リンクになっています


車で来る場合、フェリー乗り場の駐車場があります。
BlogPaint
駐車台数は合計8台。
駐車場の場所はココ←地図リンクになっています


この月極駐車場の看板が目印。
BlogPaint
写真右側の8台分が駐車スペースです。
フェリーに車を乗せて、黒島を車で観光することも出来ます。


駐車所に車を停めたら、フェリー乗り場まで少し歩きます。
P1130494
フェリー乗り場の場所はココ←地図リンクになっています
歩く時間は数分なので、全然遠くはありません。


フェリー乗り場を発見。
P1130495
流れとしては、これから乗船券を購入→乗船→黒島へです。


建物で乗船券を購入し、船の出発時間まで待機することが出来る。
P1130500
時間には余裕を持って行動すると焦らずに済む。
松浦鉄道の相浦駅からも徒歩圏内なので、電車でここまで来るのも良いかも。


駐車場ですが、先程の場所が空いていなければ、乗り場前の駐車場もある。
BlogPaint
ここは有料で、駐車場左側にある看板の電話番号に連絡する必要あり。
近くにコインパーキングなどは無いので、駐車場はこの2つのどちらかになる。


建物の中のカウンターで乗船券を購入。
P1130499
黒島までは、往復1370円。(子供は690円)
相浦発、黒島行きは10時、13時、17時の3便。
GW、お盆、年末年始は増便されて4便になる。


自転車、バイク、車などの運賃。
146a7464
運転者1名の運賃を含んだ料金なので、そう考えると安い。
車両は予約制なので注意が必要です。


フェリーの出発時間まで、待合室でゆっくり。
P1130497
自動販売機もあるので、喉が乾いても大丈夫。
売店などは無いので、食べ物は事前に用意しておくといい。


いざ、出発!
P1130502
フェリーへ向かい、フェリー前に居る係員さんに乗船券を見せる。
車やバイクを乗り入れる場合、ちゃんと案内をして頂けます。


今から海に出るかと思うと、ワクワク。
夏、海、島!テンションが上がります!
P1130504
黒島というと、漫画や映画の「坂道のアポロン」の舞台ともなっている場所。
テンションが上がらないわけがない!!
(坂道のアポロンの聖地巡礼についてはコチラコチラ←リンクになっています


フェリーは、こんな感じで椅子が並んでいる。
P1130542
一番先頭は座敷になっているので、小さなお子さんと一緒でも大丈夫。


トイレもちゃんとある。
P1130521
50分弱の旅ですが、何の心配も無く移動できます。


フェリー内には自動販売機も設置されている。
P1130505
船内はバリアフリーですし、車椅子での乗船も可能。
細かいことですが、こういうのは大切だなと思います。


船の位置は、画面で常に見ることが出来る。
P1130508
画面下の注意書きですが、手荷物は1人2個まで。
3個目からは有料になるそうです。(150円~310円)


さらば!相浦!!出港だー!海賊王にオレはなる!
P1130510
この青空!海!周りの島々!!たまらないです!


外に出て、小島を眺めて楽しむ。
P1130513
佐世保は本当に小さな島が多い。
景色を見るのが楽しく、全く暇をしない。


なんだこれ。
P1130514
海にポツーンと存在。
海面と変わらない位置にあるので、何だか面白い。


こんな島がたくさん。
P1130530
とにかくキレイで、緑と青のコントラストが素敵過ぎる。


移動手段というか、フェリー自体が既に観光。
P1130535
たっくさんの島を眺め、高島を経由して黒島へ向かう。
時間があっという間に過ぎます。


黒島ー!やってきましたー!!暑い!!
P1130540
クラウチングスタートでダッシュして上陸したい気分。
ソワソワ、ソワソワソワソワ。


いざ!上陸!!
BlogPaint
前回もそうでしたが、意外と若い人が多い。
バイクや車での観光、釣り目的、普通に歩きや自転車などなど。


前回と同じく、まずは港にあるウェルカムハウスへ。
P1130544
ここで、電動アシスト自転車をレンタルして島を回ります。
電動アシスト自転車はパワフルなので、どこへでも行ける。


ウェルカムハウス内ではお土産も販売中。
P1130552
奥は休憩所にもなっているので、無理せずに休んでも良い。


黒島名物、ふくれまんじゅう。
P1130550
シンプルな味で美味しいおまんじゅう。
レンジチンして食べると、ホカホカで更に美味しくなるのでオススメ。


教会や、おまんじゅうのデザインのバッグ。
P1130547
かなり可愛い。
お値段もお手頃なので、お土産の筆頭候補です。


ウェルカムハウスでは、島の案内図も配布されています。
P1130553
島を回るのに便利なので、1つ手に取っておきます。
無料ですので、持っておいて損は無い。


黒島観光のモデルコース。
P1130725
時間があれば、島豆腐作り体験をしてみたい。
にがりを使用せず、キレイな海水を使用した島豆腐・・・絶対美味しい。


電動アシスト自転車のレンタルは、1時間300円。
P1130554
前回は3時間で島を回れたので、今回も3時間レンタル。
台数に限りがあるので、繁盛期は予約をした方が安心。
お問い合わせ:0965-56-2311(WEBはコチラ←リンクになっています


夏!汗だく!
P1130557
日焼け対策、汗対策、水分補給対策は必須。
しかし、これは程よい運動でシェイプアップになりそう。


この日は、島の飲食店が軒並みお休み。
予約必須ですが、普段は島めしという島豆腐や刺し身などが食べられます。
P1130559
そんな中、予約不要で営業されているカフェ「Cafe海咲」へ行きました。
海咲の詳細は、「させぼナビ 飲食部」で紹介しています。
(紹介記事はコチラ←リンクになっています


夏の日差しを浴びた体に染みる!
P1130594
十分に利いた冷房、アイスコーヒー、オアシスです。
島内で、予約不要で食事や休憩が出来るのは非常に有り難い。


食事後、Cafe海咲の向かい側にある商店「つるさきショップ」へ。
P1130612
ここの島めしを食べたかったのですが、民宿の方は今日はお休みでした。
商店の方は営業されていたので、寄ってみることに。


アイスを購入したのですが、九州のアイスといえば・・・トラキチ君!
P1130610
うんまっ!うんまっ!!安定のトラキチ君の美味しさ!!
気になる当たりくじは・・・「ストライキ はずれ」でした。
しかし、熱くなった体が良い感じに冷えて快適。


再び自転車を漕ぎ、世界遺産候補の黒島天主堂へ。
P1130616
隠れキリシタンの歴史を持つ黒島。
坂道のアポロンの舞台としても、重要な場所です。


中は撮影禁止なので注意。
P1130620
歴史を感じる建物の造り。
最も完成された大規模レンガ造りの天主堂とされています。


教会を後にして、更に先にへ進む。
P1130622
電動アシスト自転車ですが、モードはパワフルにしておいて良さそう。
3時間程度であれば、バッテリーは全然余裕。


次は、樹齢100年とされる巨木「根谷のアコウ」。
P1130642
黒島に生えるアコウの中でも、飛び抜けて大きいそうです。


雰囲気がスゴい!!
P1130630
別名「タコの木」「しめ殺しの木」だそうです。
スター・ウォーズの「チューバッカ」にも見える。


すっごく独特な木。
P1130631
細い幹が絡まって、1つの大きな幹になっている。
日本じゃないような気分になってくる眺め。


アコウの向かい側には「根谷のサザンカ」がある。
P1130638
市指定の天然記念物です。
潜伏キリシタンの生活を支えたと言われています。


自然豊かな黒島なので、サイクリング中には蝶をよく見掛ける。
P1130643
モンシロチョウ、モンキチョウ、アゲハチョウ、そして花。
時間の流れが穏やかで、ずっと見ていたい気持ちになります。


花と蝶を眺めつつ、展望所に到着!すごい景色!
P1130656
前回も感動しましたが、2回目なのに変わらず感動する。
それぐらい、海の壮大さが違う。


展望所は、ベンチや花壇が整備されている。
P1130663
日差しの強い日はベンチも熱くなっていますが、ちょっと休憩にピッタリ。
花壇には、蝶や小さなカマキリもいて遊ぶと楽しい。


風は気持ちが良いですし、空と海の奥行きが圧巻。
P1130658
帽子など、暑さ対策をした上でゆっくりすることをオススメ。
ここは道路が広いので、車でも安心して寄れると思います。


この広さ、伝わるでしょうか。
P1130664
何も考えず、ただただ景色を見ることに集中してしまう。
気がつけば、予定よりも時間を過ごしていました。


再び自転車を漕ぎ、次は岩脈へ。
P1130679
細い坂を登り、下り、海が見えてきました。
もう、本当にキレイ。


岩脈発見!
P1130686
地殻変動でできた、長崎県最大規模の珍しい地質構造。
地殻変動の痕跡が見れる、県指定天然記念物です。


海がすごくキレイ!透明!
P1130689
しかし、本当に見たことが無い変わった形の岩脈。
珍しい。


近くで見たいので、急いで下まで自転車を漕ぐ。
P1130697
この先に海があるかと思うと、レジャー感たっぷり。
黒島、超絶オススメです。


海に出ると、防波堤と広い駐車場がありました。
P1130700
海を覗くと、下が見えるぐらいに水がキレイ。


駐車場の横の岩。
P1130702
侵食されています。
こんな岩が至る所にあって、これを眺めているだけでも面白い。


自転車を置いて、岩脈へ歩く。
P1130707
草をちょっと分けて進むと、岩脈がすぐ見えます。


串ノ浜岩脈。
P1130709
岩盤の裂け目からマグマが上がってきて、冷えて固まったもの。
それが波の侵食で地表に出てきたものです。


他の浜では見ることが出来ない、本当に特別な景色。
P1130712
岩の形が全然違う。


そんなスゴい岩脈に・・・ハートの岩脈!カワユス!!
P1130713
岩脈に出て、右側にちょっと歩いた場所にありました。
Cafe海咲でハートの岩脈情報を手に入れましたが、見つかって嬉しい。


海もキレイなので、ここで浜遊びも楽しそう。
P1130716
網とか持ってきて、生き物探しとか良いと思います。
波も穏やかですし、何より海がキレイ。


暑さ対策は必須ですが、この景色は本当に珍しいので必見。
P1130718
マグマ・・・更に侵食・・・自然の凄さを感じるばかりです。


あとは、港にゆっくり戻ります。
P1130722
レンタサイクル、やっぱり楽しい。
島を満喫するなら、最適な気がします。


島を出るフェリーの最終は15時30分。
P1130729
左端を歩く係員さんが、被り物をしているように見える写真に!
ダメだ!面白い!!


黒島、本当にオススメです。
坂道のアポロンの舞台ということで注目されていますが、それを抜きにしてオススメ。
フェリーに乗るだけでも楽しく、島に着いても充実。
騙されたと思って、まだ行ったことが無い方は行ってみて欲しいです。
そのぐらい激押ししたい佐世保の名スポット。


<旅客船について>
住所:長崎県佐世保市相浦町2754−1
地図
電話番号:0956-47-4154(黒島旅客船有限会社 相浦待合所)


宜しければ、Twitter、姉妹ブログの方も御覧ください。
最新情報を配信中です。
Twitter 
Facebook(させぼナビ)
させぼナビ 飲食部 
させぼナビ
ながナビ
「させぼナビ」アプリ iOS版は
コチラ
「させぼナビ」アプリ Android版はコチラ 
↑リンクになっています